健康美人。酵素青汁111選で体型の崩れをブロック

Your answer is just one search away!

アレンジを加えて苦手な青汁を飲みやすく

Posted on

主人のお母さんから頂く形で、かれこれ4年程青汁を愛飲しています。飲むペースとしては2日に一回で、青汁は昔からある緑効青汁です。元々は主人のお母さんが便秘解消や免疫力を高めたいという思いで頼み始めたそうです。
お母さんは冷たいお水で飲んでおり、私も最初はその方法で飲んでいましたが、正直苦手で進みませでした。でもせっかくなので続けたいと思い、自分なりに色々アレンジを加えて試行錯誤しながら今に至ります。
私の今の定番は、朝食の時にホットミルクやホット豆乳に入れて飲む飲み方です。温めた牛乳や豆乳に青汁とは黒糖を加えたものです。溶けやすいと謳われている青汁ですが、やはり冷たい飲み物だとだまになったり、ちょっとくせを感じるので、私は基本的には温めて飲むようにしています。豆乳や牛乳のタンパク質、黒糖のミネラルも同時に摂取出来るので、栄養価もグンと上がります。食欲のない朝などは、これ一つでも十分だと思います。
青汁は確かに健康効果は高いですが、使われているものは基本的に体を冷やすものだと思うので、その点を考えてもアイスで飲むよりはホットの方がいいのではないかと思います。
子ども達にも試してもらおうと思いましたが、ドリンクではとても飲めなかったのでホットケーキに混ぜて焼いてみました。そうすると、色こそは淡い緑色になりますが、青汁の存在感はあまり感じず美味しく食べられました。子ども達も気に入ってくれたようで、時々おやつや朝食の時に出しています。
青汁をお茶代わりに飲むことの出来ない私は、こうやってアレンジを加えることで続けられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>